牛タン

コストコ 食品

【コストコ】これで完璧!美味しい牛タンの選び方と基本の下処理

2022年2月3日

牛タン

USAチルドビーフカワムキタン
¥3,711/0.93kg(100gあたり¥399)

おすすめポイント
❶厚切りでも柔らかくジューシー
❷好みの厚さや大きさにスライスできる
❸焼肉にも煮込みにも自由自在

・味の評価……★★★★★
・リピする度…★★★★★
・おすすめ度…★★★★★

コストコの牛肉コーナーで販売されているUSAチルドビーフカワムキタン

かなりリアルな様相ですのでなかなか手を出しにくい商品。つい横に並んでいるスライス済みのタンを購入しがちですが、下処理の方法を覚えてしまえば簡単!

コスパが良いうえに、柔らかくてジューシー。しかも好みの厚さにスライスできるのがタン好きにはたまりません。

この記事では、USAチルドビーフカワムキタンの商品詳細と味、選び方から初めてでも簡単にできる下処理の方法まで詳しくご紹介しています。

 

コストコUSAチルドビーフカワムキタン

どんな商品?

牛タン

1kg近くあるブロックタンですので、かなりドシっとした重みがあります。

しっかり真空パックになっていますので、持ち帰り時にドリップが漏れる心配がないのが嬉しいですね。

部位の説明

牛タン

ゴロッとした大きな牛タンですが、太い部分からタン元、タン中、タン先と呼ばれています。

それぞれの味と柔らかさの特徴は次のとおりです。

【タン元】
牛タンの根元の一番太い部分をいいます。たっぷり脂がのった柔らかい部位になります。

この部分は、希少部位であり、肉質も非常に優れている最高級部位になります。高級焼肉店などで出てくる特上と呼ばれる部分ですね。

もちろん、厚切りにして焼いて食べましょう。

【タン中】
牛タンの真ん中あたりの部分をいいます。一般に焼肉店やスーパなどで一番多く出回っている部位になります。

弾力のある噛みごたえ、そしてタン元ほど脂っこくないのでアッサリとした口当たりです。

薄切りにして焼いて食べるのがおすすめです。

【タン先】
牛タンの一番先の部分をいいます。筋肉の繊維が多く、タンの中では一番固い部位になります。

焼肉には不向きですので、タンシチューやタンカレーなど煮込み料理がおすすめです。

じわじわとタンの旨味が全体に広がり、深いコクのある味わいに仕上がります。圧力鍋で調理すると短時間でトロトロのタンシチューが出来ますよ。



美味しい牛タンの選び方

牛タン

購入する際にチェックするところはタン元です。タン元が太くて、断面が白っぽいものを選びます。

白い部分は脂ですので、サシがしっかり入っている、いわゆる霜降り状態のタンは柔らかくて旨味がたっぷり詰まっています。


下処理の仕方

手順

牛タン

下処理をしっかりすることで、臭みがなくなり、柔らかくて美味しいタンになります。

そこで初めての方でも簡単にできる下処理のポイントをご紹介いたします。

❶真空パックから取り出した牛タンを流水でしっかり洗い流します。

❷牛タンをひっくり返して下側についている白い脂や筋を切り離していきます。ある程度削ぎ落としたら両端(赤で囲んだ部分)の筋肉の部分を切り取ってしまいます。
この部分は硬いので煮込み料理に使います。

❸❷で切り落とした筋肉の下に太い血管がありますので、そちらも切り取ります。さらに固い筋も合わせて処理していきます。
さほど神経質にならなくても適当に切り落としていけは良いです。

❹処理が終わったら再度流水で洗い流し、キッチンペーパーで水気を拭き取ったら終了です。

冷凍する

牛タン

下処理を終えた牛タンをラップでキリキリと包んで冷凍します。冷凍することでスライスしやすくなります。

2〜3時間ぐらいで取り出すとカチカチに凍らず、ちょうど包丁で切りやすい固さになります。

切り分ける

牛タン

冷凍庫から取り出した牛タンを切り分けていきます。

まずはタン元から好みの厚さにスライスします。タン元は柔らかいので厚切りがおすすめです。

続いてタン中は薄めにスライス、タン先はぶつ切りや角切りにして煮込み料理に使います。

牛タン

焼肉用に厚切りと薄切りにスライスしました。


味について

どんな味?

牛タン

まずはなんといっても焼肉が一番!

タン元はびっくりするぐらい脂がジワジワ流れ出してきてジューシーな焼き上がりです。

とにかく柔らかいのが特徴。ふんわりとしていて肉の固さというものがなく、溶けていくような食感です。

やや脂っこさはありますが、決してギトギトしたものではなく、旨味成分がたっぷり詰まっているといった方が良いですね。

レモン汁とよく合います。

牛タン

タン中はタン元に比べるとやや弾力がありますが、こちらも変わらず非常に柔らかい肉質です。

そして驚くことに焼いてもあまり縮まず、大きさをキープしています。

また薄切りなので火の通りが早く、うっかり焼きすぎてしまうこともありますが、そんな場合も縮まず、固くならず、美味しい牛タンのままです。

牛タンシチュー

タン先や下処理の時に切り取った筋肉の部分は煮込みに向いています。

焼肉として食べても良いですが、シチューやカレーに使うことで、より美味しく牛タンの味わいを楽しむことができます。

コストコ牛肉 ビーフリブフィンガー
【コストコ失敗しない商品選び】リブフィンガー牛肉は隠れ人気商品極上カルビの味?

隠れ人気商品リブフィンガーの商品詳細・味・おすすめポイントを完全ガイド。グロテスクな見た目からは想像できない美味しさ、簡単な下処理で見違えるほど柔らかい肉質に大変身!スジも捨てずに全部食べ切ります。

続きを見る



コスパ&カロリー

100gあたり
・価格:399円
・カロリー:約268kcal


保存方法

要冷蔵ですが、食べきれない場合は冷凍しましょう。スライス、または切り分けて冷凍しておくと便利です。

プレスンシールを使うと冷凍やけを防ぎ、鮮度をキープできます。


商品概要

価格/サイズ(内容量)

¥3,711/0.93kg(100gあたり¥399)

賞味期限

購入日を含めて3日間

原産国名

アメリカ

栄養成分

100gあたり268kcal
たんぱく質15g、脂質22g、炭水化物0.1g

原材料名

牛肉(タン)

 

 

まとめ

牛タンブロックの特徴は、希少価値の高い最高級部位であるタン元を厚切りで存分に味わえること。柔らかさ&美味しさはピカイチです。

なかなか手を出しにくい商品ではありますが、簡単に下処理できますのでぜひ挑戦してみてくださいね。

コストコハッカー

♦︎コストコ好きが高じてコストコブログを立ち上げました。現在Yahoo!クリエイターとしてもコストコ記事を執筆中。 ♦︎Instagramではフォロワー6.1万人と交流をもつなか、インフルエンサーとしても衣食住さまざまな商品を紹介しております。 ♦︎コストコ商品に関して皆様のご質問にもお答えしておりますのでぜひフォローしてくださいね! ♦︎和泉倉庫店利用

-, コストコ, 食品

© 2022 コストコハッカー Powered by AFFINGER5