コストコ バラエティークッキー

ケーキ・スイーツ・お菓子 コストコ 食品

【コストコ】バラエティークッキーは甘すぎてカロリーが怖い!

2021年10月27日

スポンサーリンク

コストコ バラエティークッキー

バラエティークッキー
¥998/24枚入

おすすめポイント
❶日本でなかなか見ることのない大きさ
❷甘いけど飽きない美味しさ
❸コスパが良い(1枚あたり41円)

・味の評価……★★★★☆
・リピする度…★★★★★
・おすすめ度…★★★★☆

 

コストコの定番商品となっているバラエティークッキーは、まるで焼き菓子のようなしっとり食感のクッキーです。

例えるならカントリーマアム、しかしさほど繊細な味ではなく、ホームメイドのような手作り感あふれる味わいです。

クッキーであるのに消費期限が4日間と短いですので、冷蔵庫に入れるか冷凍保存が必要です。

特に夏場はチョコレートが溶け出してしまいますので要注意ですね。

そこで一番気になるのがカロリー!

非常に甘い味ですが何となく飽きない味、おやつについつい手を伸ばしてしまう美味しさですが、1枚でご飯一膳以上のカロリーがありますので食べ過ぎ注意です。

 

コストコバラエティークッキーの味

どんな商品?

コストコ バラエティークッキー

三種類の味が8枚ずつ、合計24枚入っています。左からダークチョコチップ、チョコマカロン、イングリッシュトフィー。

両端の二種類はほぼ定番ですが、真ん中の一種類が期間によって変わります。

今回はチョコマカロンですが、レーズンやパイナップル、ストロベリー味などがあります。

一定期間で種類が変わるのも飽きないポイントですね。

コストコ バラエティークッキー

1枚の大きさが8〜10cm、厚みが1cmほどで、大きさや形にバラツキがあります。

ゴツゴツした不揃いな形からも、さらにホームメイド的な感じがうかがえます。

コストコ バラエティークッキー

手に取ると柔らかくしっとりとしています。

種類によっては柔らかすぎて割れたりヒビが入ってしまうものもありますので、形を崩したくない場合はちょっと気をつけてくださいね。

どんな味?

コストコ バラエティークッキー

左下のダークチョコチップは、チョコチップとはいえない大きめの角チョコがゴロゴロ入っています。中には1cm角以上もあるものもチラホラ。

もはやチョコクッキーでは?と思わせるほどチョコ味がメインになっています。

右下のイングリッシュトフィーは、クッキー自体はシンプルな味ですが、ネットリとしたキャラメルのような甘い蜜が入っています。

トフィーとは、砂糖とバターをじっくり煮詰めたものをいいます。

コストコ バラエティークッキー

チョコマカロンはご覧のとおり、チョコのかたまりとココナッツがぎっしり。

ココナッツの風味とシャキシャキとした食感が特徴であり、かなり食べごたえがあります。

1枚あたりの価格とカロリーは?

・1枚あたりの価格:41円
・1枚あたりのカロリー:約200kcal

売り場

ベーカリーコーナーにあります。

お菓子売り場ではないのでご注意くださいね。

  

コストコバラエティークッキーおすすめ度

おすすめ度は?

おすすめです。

かなり甘いので絶賛するほど美味しいというわけではありませんが、1枚41円というコスパの良さは見逃せません。

定期的に種類が変わるのも楽しみでリピする理由のひとつです。

こんなに要らないよ…という方は、冷凍保存しておくと長期保存が可能です。

おすすめポイント

❶日本でなかなか見ることのない大きさ
❷甘いけど飽きない美味しさ
❸1枚あたり41円

 

商品概要

価格/サイズ(内容量)

¥998/24枚

消費期限

加工日を含めて4日間(冷凍保存可能)

カロリー

100gあたり441kcal
たんぱく質5g、脂質21g、炭水化物60g、食塩相当量0.8g

原材料名

チョコマカロン(小麦粉、砂糖、ココナッツ、ミルクチョコレート、高果糖液糖、植物油脂、卵、糖蜜、ココア、食塩)、ダークチョコチップ(小麦粉、チョコレート、砂糖、マーガリン、卵、糖みつ、ぶどう糖、食塩)、イングリッシュトフィー(小麦粉、砂糖、植物油脂、トフィー、卵、ぶどう糖、食塩)/膨張剤、香料、乳化剤、グリセリン、着色料(カラメル、カロチン)

スポンサーリンク

-ケーキ・スイーツ・お菓子, コストコ, 食品

© 2021 コストコハッカー Powered by AFFINGER5